注意しておきたい機内サービスと手荷物の重量

白黒の幾何学模様

注意しておきたい機内サービスと手荷物の重量

格安航空チケットは割引率が高いのが特徴で、飛行機の運賃を安く済ませたい方には検討の余地があります。特にサービスより料金重視ならメリットも大きいでしょう。逆にサービスなどは制約が大きいため注意が必要です。

機内サービスが限られる

特に格安航空券は機内サービスが限定されていることに注意しましょう。
一般的なJALやANAなどの航空会社では、機内サービスの多くを無料で提供しています。
しかし、格安航空チケットを提供するLCCの場合、有料のサービスが多くなっています。

貸出サービスが有料に

毛布や各種アメニティを利用する方も多いと思いますが、これらが有料になっている場合がほとんどです。
事前予約が必要になることがありますので、もし利用したい方は注意しておきましょう。

ソフトドリンクが有料の場合も

一般の航空会社で無料提供されているソフトドリンク類も、格安航空会社の多くでは有料です。
ただし、航空会社により異なっており、一部が無料で提供されているところもあります。

サービスは航空会社による

他にも機内食が有料になっている場合など、機内サービスは航空会社によりけりです。
料金が格安な代わりにサービスが限定されているところもありますが、逆に充実している会社もありますので、フライト前に確認しておくと良いでしょう。

手荷物の重量制限が厳しい

格安航空券で一番のデメリットとも言えるのが手荷物です。
元々格安航空会社は料金を抑えている一方、重要に関しても厳しい制限を設けています。
機内に持ち込める荷物の重要が厳しく、10kg以下しか持ち込めない場合もあります。

オーバーすると追加料金が発生

仮に100gでも荷物が所定重量をオーバーしてしまうと追加料金が必要になります。
空港のカウンターで料金を支払わない限り荷物を預入できないので注意しましょう。
ただし重量制限は航空会社により基準が異なります。

荷物を少なくしよう

荷物の超過料金は高く付くため、なるべく荷物は少なくしておきましょう。
不要なものは持っていかず、現地で買うことも考慮する必要があります。
思わぬ出費にならないよう、荷物の重さは常に意識しておきましょう。

チケット予約前に確認を

機内サービスや手荷物の重量制限が格安航空券のネックですが、会社ごとの基準が違うため、予約前にしっかり確認しておきましょう。
特に荷物の場合、帰省時のお土産なども重量を増やす原因になります。帰宅時は宅配便で先に届けるなどの工夫を行いましょう。

Similar Posts:

    None Found